住宅ローン金利安い時期とこれまでの推移は?

住宅ローンの金利の推移としては、2002年から2003年の時期に最も住宅ローンの金利が低かった時期であると言えます。
この時期には、住宅ローンの金利が0.
5パーセントという安い時期御確かに存在しています。
しかし、住宅ローンの金利が一番高かった時期である2000年や2006年は、IT関係のバブルの時期であったり、新興市場のバブルの時期な度になりますから、この時期には、景気が良い状態であったために、高金利になっていたと言えます。
しかし、日本における全体的な住宅ローンの金利は、景気が良い時期であっても、悪い時期であっても、2パーセントを超えるような住宅ローンはありませんでしたから、この推移状況からして、ここ14年間の住宅ローンは安い状態を維持していると言えます。
住宅ローンフラット35の金利は上がる?