クレジットカード審査落ちる原因

クレジットカードの審査で落ちる人はいないため、何も見ていないと思われがちですが、しっかり見られています。
見られている内容は収入と既存の借金です。
借金があまりに多いと審査で落ちる原因となります。
カードローンでは、収入から申込内容から推測した支出を引いた返済可能額から融資可能額を逆算していますが、クレジットカードの審査でも似たようなことはしています。
カードローンに比べるとその程度が甘めに算定されているだけです。
もっとも、甘目とはいえ、収入と既存の借金から「買い物余力」がないと判断されると審査で落ちる理由となります。
借金が多い人は、比較的クレジットカードの審査で落ちる理由が多いのです。
クレジットカードの審査はフリーパスではないのです。
クレジットカード審査の不合格の理由とは?